アーカイブ:2020年 1月

  1. 潔く柔らかく

    何があったかもう忘れましたが最近朝長いこと歩いて出勤するのをストップしていました。雪とかですかね(人ごと)。いくつかの制作物の取材、インタビューに加え、急な講義のご依頼などもあって、ほとんど会社にいない日が続いていました。 今日はすっきりと晴れて、さらに温かい。

  2. 情報誌の国語授業をお手伝い

    今日は、多摩の某中学校の授業にお邪魔しました。以前、同中学校で職業体験の事前学習ということで、地域の事業者として編集や『たまきたPAPER』発行、その他私の仕事に関するお話をさせていただきました。

  3. 動くべきフィールドは

    昨日の話なのですが、小平市へインタビューに行きました。途中、ガソリンを入れましたらセルフではなかった。車から降りなくていい…リッチになった気がします。6000円以上入れたらオリンピックのチケットが当たるかもしれないチラシをもらいました。満タンにしたら6000円を超えていました。

  4. 東大和市産そば試食会(開催前)

    東大和市産そば試食会というのを、『たまきたPAPER』と東大和市の老舗そば店「清川」さんで共催いたします。

  5. ジェンダーを超えるのは個人の技術

    今日は自分史のインタビューをさせていただき、宿題を持って帰りました。歴史調査、やりがいがあります。昨日もそんなことを書いた気がしますが、取材だから入らせていただける場所があります。あとは原稿書き、1本仕上がりました。

  6. ラーメンと創業の取材

    先週末、人気のラーメン店の取材に行ってきました。(ちなみに写真は取材したお店のではありません。発行前で公開できませんので。しかし皆さんのラーメン欲を満たすため?にプライベートで行った 「豊潤亭」 のラーメン。

  7. 自分史と地域と音声起こしサンプルリバイバル

    自分史と地域と音声起こしサンプルリバイバル最近、記録誌や自分史のご依頼が相次ぎまして、取材に打ち合わせにと駆け回っています。

  8. ハトとカモとトモに自分について教わる

    今日通った小道で、ハトが集団でじっとしていました。いつもエサをあげている人がいるので、それをまっていたのでしょう。私がそこのベンチに座ると「おれがさきだ」といわんばかりに並んで私がフタを開けた容器の中身をねらい、ハト同士ケンカをはじめましたが、残念、私がフタを開けたのはコーヒーのボトルです。

  9. ここに出版社がある意味

    けさは、玉川上水に大きな鳥がいるのを見て声を上げました。カワウ(川鵜)です。朝から温かかったから、ひなたぼっこしていたようです。何かのキャラクターのような愛嬌あくび結構長い。もっと伸びます。

  10. 2020年始のご挨拶―明鏡止水

    あけましておめでとうございます。ことの葉舎は本日より2020年の営業を開始いたしました。個人宛・会社宛にいただいた年賀状に、複数の方から「たまきたを見ています」「夢つなぎ人を見て感動しました」など制作物の感想を書いていただき、友人から年賀状に加え私を気遣う手紙ももらいました。

オンライン公開中の制作物

  1. 東大和市商工会工業部会『インターンシップ参加者募集』リーフレット(第4回) A4版/4P
  2. 東大和市みんなで子育てBOOK『Minna』B5/24P
  3. 「あきしまの水」のライフスタイル誌 『夢つなぎ人』(第4版) B6版/40P
  4. たまきたPAPER19秋号
  5. 『たまきたPAPER』2019-2020秋号(A4/12P/中綴)
  6. 昭島市『夢つなぎ人』パンフレット A4/4P
ページ上部へ戻る