AYAMEの記事一覧

  1. 自分史と地域と音声起こしサンプルリバイバル

    自分史と地域と音声起こしサンプルリバイバル最近、記録誌や自分史のご依頼が相次ぎまして、取材に打ち合わせにと駆け回っています。

  2. ハトとカモとトモに自分について教わる

    今日通った小道で、ハトが集団でじっとしていました。いつもエサをあげている人がいるので、それをまっていたのでしょう。私がそこのベンチに座ると「おれがさきだ」といわんばかりに並んで私がフタを開けた容器の中身をねらい、ハト同士ケンカをはじめましたが、残念、私がフタを開けたのはコーヒーのボトルです。

  3. ここに出版社がある意味

    けさは、玉川上水に大きな鳥がいるのを見て声を上げました。カワウ(川鵜)です。朝から温かかったから、ひなたぼっこしていたようです。何かのキャラクターのような愛嬌あくび結構長い。もっと伸びます。

  4. 2020年始のご挨拶―明鏡止水

    あけましておめでとうございます。ことの葉舎は本日より2020年の営業を開始いたしました。個人宛・会社宛にいただいた年賀状に、複数の方から「たまきたを見ています」「夢つなぎ人を見て感動しました」など制作物の感想を書いていただき、友人から年賀状に加え私を気遣う手紙ももらいました。

  5. 2019年の総括

    本日、2019年の営業最終日。午前中、法人税関係の提出準備が完了。前期の経営状況について、税理士の先生とお話する最終日でした(10月が決算月で、申告は12月末までなのです)。全ての数字をお見せしますので、丸裸ですね。

  6. ローカルメディアの流れ

    調べ物をしていると、知らない間に以前お世話になっていたフリーペーパーが休刊していたり、いくつかの地域メディアの運営が変わっていることを知りました。センスがいいし、質にこだわっていた会社さんで、ちょっとショックでした。

  7. たまきたMarket打ち上げ・DRAM

    先週土曜日、たまきたMarketのスタッフ打ち上げをしました。スタッフ7名、子どもも確か7名? 大変にぎやかでした。前回、似たメンバー(Minna)で集まったときは持ち寄りで、みんな作ってきてくれたので、今回はなるべく楽なようにしようとオードブルを注文。

  8. 目的は何か

    さっき、飲んだミルクティーの粉。インコがのんびりメッセージが付いてるよと言っている。とてもうれしくなりました。こういうちょっとした喜びをつくる仕事をしよう、とこれを見て思いました。かわいい。

  9. ネコの鳥山さん

    ネコの苗字ではありません。多摩湖のそばの料理屋さん、「貯水池 鳥山」に行きました。受付に、ネコ! 待合の椅子にネコ!通路にネコ!猫カフェに行きたいなあ、と思っていたのでとてもうれしかったです。思い切りモフモフさせてもらいました。癒されました。

  10. 霧とカラス

    本日、たまきたと、もう一つ、数カ月かけて制作していた冊子を入稿しました。 弊社はわりとホットだったりライトだったり(たまきたとか)するものが前に出ていますが、大学や企業の印刷物を作ることが多いのです。 ……と、先週末、11/22(金)に書きかけているのを今見つけました。

ページ上部へ戻る