AYAMEの記事一覧

  1. 春の諸行無常

    「異動するんです」とたびたび耳に入る時期。知らないところで物事は動いていると感じます。先日、『たまきたWEB』の方でゴスペルライブのご紹介をしましたが、前号の『たまきたPAPER』冬号でこのプロジェクトへの参加者募集広告を出していただきました。

  2. 「原稿制作が最終校正まで終わること」の言い方4つ

    この業界では「原稿が仕上がって印刷屋さんに渡す段階になること」には言い方がいろいろあって、校了 最終校正まで完了する下版 印刷屋さんに原稿を下ろす入稿 印刷屋さんに原稿を入れる製版 版を製作する編集者の手から最終原稿が離...

  3. コメントをいただけることに気がついた

    「ことの葉舎ウェブサイトにコメントがありました」とメールが届いてびっくりしました。この記事にコメントを書けることを、知らなかったからです。

  4. 人の命を救う記事への第○章

    タイトルのことが、私の作るものの目標です。(日報は飲みながら書くことが多くて熱くなりがち)ダイレクトに捉えれば、社会問題を記事にしたり社会保障の記事を作ったりするところですが、私はもう少し表層のところからやろうとしています。

  5. 事実よりいい解釈をするのも偏見である

    連休中、ねこまんが友達に会いたいというので、一緒に猫カフェに行ってきました。

  6. ケチャップが見えない病気

    急遽の取材や打ち合わせで元気一杯、右往左往。今回の『たまきたPAPER』には、小誌では珍しく飲食店広告が出ます。お打ち合わせで「これは面白いですね」とお話。広告も面白い。お楽しみに。『たまきたPAPER』のような媒体を、求めてくださる方がすごく増えてきたと思います。それはまた、今度。

  7. 君の世界を知りたい

    朝から撮影、すぐに今度開催する講座の打ち合わせ、そこに勤めている公民館の情報誌仲間とトーク。どうしても気になっていた東大和市産のお蕎麦を食べに行って(今まで食べたお蕎麦の中で一番美味しかった)店主の方とお話。帰社して商談、打ち合わせ。原稿を書いて、また外出して打ち合わせ。

  8. ハリネズミパンとアザラシパン

    販促するにも取材するにも送迎付きという贅沢なここ最近です。連携している企業だったり団体だったりが一緒に動くため、乗せて行ってもらっているわけなのですが。なにか、社会をダイレクトに司るような場所にどんどん行き、社会の根幹にダイレクトに関わる人たちに会います。

  9. 失敗とは何も起こらないこと

    昨日でしたかおとといでしたか、「失敗しないことが目的になるとまず失敗する」ということを言いましたけれども。この場合の失敗とは、ミスをして上司に怒られるとか、世間から批判を浴びるとか、状況が後退するとか、そういうことではありません。

  10. 所沢で知を考える/火の粉

    お打ち合わせで、所沢へ。久しぶりにプロペ通りを歩きました。所沢駅は駅ビルか何かができるのか、工事中でした。お打ち合わせ後、知とはなんだろう、と考えながら西武新宿線。自分で選択する力。自分の好きなことは何か探求する力。本当の賢さとは。

ページ上部へ戻る