);

ブログ

いいものを知ってもらうチャレンジ/正直者が報われた話

一人ひとりの要望を聞き、丁寧な仕事をして、それを欲する人に知ってもらおうとしている皆さんに、今日はたくさん会えました。

今、『たまきたPAPER』と、『東大和市 みんなで子育てBOOK』を作っていますけれども、

役に立つ、読みたくなる記事を作って、ターゲットを絞り、絞られたターゲットにPRしたい皆さんに、この媒体を知ってもらい、掲載してもらう。

そのことに共感してくれる方が増えてきたと感じています。→「PRしたいのは誰なのか・ゼロ100を卒業する」

 

そして、皆さんはやっぱり、北多摩で、多摩で、いい商品やサービスを作って、今まではあまり市場で受け入れられていなかったものを受け入れてもらうために、必死でやっている。

 

いい商品、サービスを真剣に提供している皆さん。それを、きっと欲するだろう人たちに、知ってほしいです。私もお手伝いできるように頑張ります。

 

ただ、それで、そういう人は負担を抱え込みがちだということが、今日は心配になりました。

 

すごく頑張っている。お客さんのことを考えて一生懸命頑張っている。

でも、無理してるんじゃないかなと思うこともあって。

 

大丈夫ですか? 自分の心と体に水やり、言われなくてもしていると思いますけど、あえて、してくださいと言いたい。→昨日の話より

 

一方で、小さな弊社に「応援してます」ってずっと言ってくれている、前述のように一生懸命クライアントのことを考えて仕事をしている方が、

「出世しました!」って名刺をくださったということもありました。

 

報われている! 結果が出ている! とても嬉しくなりました。

 

「副支店長っ!」

 

と持ち上げました(笑)。

 

正直者が報われる、得をする。そうであってほしいんです。それが叶っていると本当にうれしい。

 

真摯に頑張っている姿を見せてくださる皆さん、ありがとうございます。

 

私も無理しないようにしますので、皆さんもどうぞ自分の心身に水と栄養をあげながら、一緒に頑張らせてください。

 

 

原田あやめ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る