ブログ

動くべきフィールドは

昨日の話なのですが、小平市へインタビューに行きました。途中、ガソリンを入れましたらセルフではなかった。車から降りなくていい…リッチになった気がします。

6000円以上入れたらオリンピックのチケットが当たるかもしれないチラシをもらいました。満タンにしたら6000円を超えていました。なんだかもう当たった気分。うれしいです。

さてインタビューについて史実の調査などもしますが、それがたまたま、たまきたで取材しようかどうしようか迷っていた場所での調査になりそうです。これはやはり、あのエリアに行くべきなんだなと、取材先決定。これまで、地域取材で知ったことと、どんどんつながっていきます。

横に広げていたものが、より深く縦にもつながっている感じです。

何に集中するべきか、動くべきフィールドはどこか。

以外と分からないことが多いと思います。バタバタといろいろ、やってきたから、ここという道が分かったのかもしれない。

決めつけすぎずに、やっていこうと思います。

そして今日は立川、昭島。事業的なフィールドとはまた別に、物理的な行動範囲としてはいつの間にか広がってきている感じがします。

これが弊社の仕事であるとフォーカスされてくると、それを求めてくださる物理的なエリアは広がっていく。そういう気がしています。

無理はせず真剣に。日々大切に。

原田あやめ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オンライン公開中の制作物

  1. 東大和市みんなで子育てBOOK『Minna』B5/24P
  2. 「あきしまの水」のライフスタイル誌 『夢つなぎ人』(第4版) B6版/40P
  3. 東大和市商工会工業部会『インターンシップ参加者募集』リーフレット(第4回) A4版/4P
  4. 『たまきたPAPER』2019-2020秋号(A4/12P/中綴)
  5. たまきたPAPER19秋号
  6. 昭島市『夢つなぎ人』パンフレット A4/4P
ページ上部へ戻る