ブログ

マスクは2個までなのだから

先日コンビニに入ったら、「マスクは2個まで」と書いてあって驚きました。

コロナウイルスその他の感染を防ぐために、マスクを買いだめするお客さんが増えるからですね。そこまで危機になっていることに気付いておらず、思っているよりも深刻な事態なのだとそれで認識しました。

新型肺炎が人間の健康に与える影響もさることながら、マスクがライターに与える影響もなかなかのものです。

最近インタビューをする機会がとても多いのですが、インタビュイーがマスクをしていることがよくあります。感染防止のためなので、当然ですし大事なことです。

一方で、カメラ✕インタビュアーとしては少々感覚が狂うところではあります。

お顔の撮影はマスクを取っていただかないといけませんが、感染防止のために付けておられるのに、外していただくのが申し訳ない(必須の撮影のときはそのときだけ外していただくこともあります)。

そしてお話が聞こえにくいところもあります。何より、表情が分からないというのがなかなかに難しいものです。

私はインタビュー時にメモがまったく取れないのですが、そういう脳のつくりなのだと思っていました。しかし、マスクの件で、インタビュイーの表情を見ながら次に何を話すか、どう話を進めるか、決めているからメモが取れないのだと気付きました。電話でも同じですが、声色に集中しているからだと思います。

ちなみに録音したものを聞きながら書きますので、メモをしていなくても大丈夫です。電話取材のときは、電話録音用の機材を使います。

人と会うときは、言葉だけで判断しているのではないのですよね。

それにしても、やっぱり普段どおりの調子が出ないですし、そういう意味でももろもろの感染症の流行がおさまってほしいと切に願います。

私は今のところ何もかかっていませんが、無症状の時期からウイルスを拡散させるのですし。これからは自分もマスクでお邪魔するようかなと思っています。もともと声が大きいので大丈夫かと思いますが、聞き取りにくかったら遠慮なくおっしゃってください。

さて、冒頭は昨日、玉川上水駅で撮った桜です。

今日の夕方の、小平市の梅も。青空ではないのがそれです。二色の世界ですね。世間は危機ながらお花は我関せずのようです。

原田あやめ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オンライン公開中の制作物

  1. 「あきしまの水」のライフスタイル誌 『夢つなぎ人』(第4版) B6版/40P
  2. 『たまきたPAPER』2019-2020秋号(A4/12P/中綴)
  3. 昭島市『夢つなぎ人』パンフレット A4/4P
  4. たまきたPAPER19秋号
  5. 東大和市みんなで子育てBOOK『Minna』B5/24P
  6. 東大和市商工会工業部会『インターンシップ参加者募集』リーフレット(第4回) A4版/4P
ページ上部へ戻る