社長ブログ

春の嵐

昨日もこんなことを書いたので、私はよほどこれが好きなのでしょうね。字面も流れるようで風を感じますし、気に入っています。内容は好きではないが字面や語感が好きな言葉というのもいろいろあります…それはまた今度。

今日はお世話になった取引先の方から、任期満了、退職のご挨拶のメールが来て大変心が乱れました。

1月まではいろいろお邪魔していたのですが2月、3月はお会いする機会がなくて、今日そのメールで初めて知って、あわててお電話したのですがすでに休暇に入られているとのこと。

とても尊敬しており大好きで、この方がいたから弊社の今があるというくらいで。

もっとお話しさせてもらえばよかったと思ったのですが、事前に聞いていたら私のような人たちがご挨拶に殺到していたでしょうね。いろいろ温かいお言葉のメールをいただいて、去り際もさすがだなあと感動して、でももう会えないのかと涙もこぼれました。

もう一人、お世話になったコンサルタントの方も今日で私が出会った施設を退任されるということ。私が経営するにあたって必要なことをぴしっぴしっとアドバイスいただいて、やはりこんにちがあるのはいただいたアドバイスのおかげだと思っています。

このコンサルタントの方には今日のご予定を聞いていたのですが、お会いできるという時間にほかのお約束が入っており、スタッフにお花を届けに行ってもらいました。今日お礼のお電話をいただいて、引き続きコンサルティングの仕事はしているので、またお会いしましょう、というお話ができました。

新たな出会いもありました。人材募集に対して、旧知でご無沙汰していた方、新しい方などにご応募いただき、ご縁ができたりご縁が復活したり。

まさに春の嵐で新しい空気がやってきている感じがします。諸行無常、流転は常にあり変わっていくのは当然のこと。知らないうちに皆さんもドラスティックに代わり新しいステージへ立たれる。

弊社も思い切って変わっていかなければと思う3月の終わりです。

原田あやめ