ブログ

技術こそ平等である(1)

能力、と言い換えてもいいです。

男女平等、ノーマライゼーション、障害者も暮らしやすい社会。

それはみんな、それぞれが持つ能力に気づき、「このことならあの人を呼べばいい」と言われるような技術を身に付けることで実現すると思うのです。

男女平等を掲げて補助金をもらって箱を作ったりイベントをやったりしただけでは、それ以上も以下もない。

技術が基準なら、コミュニケーションに難ありだろうが、障害があろうが、男だろうが女だろうが関係ない。技術があれば一人前として認められる。

そして技術は誰でも身につけられる。だから平等になり得るのです。

 

能力がない人もいる、技術を身につけられない人もいる、と思うかもしれない。

でも私はそうは思いません。

続く

 

原田あやめ

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オンライン公開中の制作物

  1. 『夢つなぎ人』(第5版) B6版/40P 「あきしまの水」のライフスタイル誌 
  2. たまきたPAPER19秋号
  3. 東大和市みんなで子育てBOOK『Minna』B5/24P
  4. 「あきしまの水」のライフスタイル誌 『夢つなぎ人』(第4版) B6版/40P
  5. 東大和市商工会工業部会『インターンシップ参加者募集』リーフレット(第4回) A4版/4P
  6. 『たまきたPAPER』2019-2020冬号(A4/12P/中綴)
ページ上部へ戻る