ブログ

そういえば保育士として

昨日は助産施設を訪問していたのですが、そこにあるママさんが相談に訪れていました。

その話に少し私も加わって聞いていたのですが、母乳とミルクのお話で。

 

なんとなく私もアドバイスをしていて、先輩ママでもありますがそういえば保育士だったなと。

 

今度の『東大和市みんなで子育て BOOK』は、地元女性起業家、編集者が作るだけではなく、保育士が作るものでもあるわけですね。

なんだかすごくないですか、我ながら。

 

編集者としてあれこれ動いていたわけなのですが、保育士としての側面も出していこうと今更ながらに思いました。

 

3.11がつい先日であったので、災害の時の赤ちゃんのミルクに関して。

液体ミルクが発売されましたが、まだ普及していません。当面はお湯を沸かして、冷まして粉ミルクを作ることになります。ガスコンロと小鍋など、電気を使わずにお湯を沸かす道具を用意しておいてくださいね。

液体ミルクが一般に手に入るとしても、やはり温める必要はあるはずです。

母乳が出なくて粉ミルクにしたことで悩んでしまうママがいますが(ミルクでしっかり育つのは今では常識になっていると思います)、災害の時にお湯がなかったらどうしよう、という心配もあるんですね。

ただ母乳だったとしても災害のストレスで母乳が出にくくなることもありますし、母乳なら安心というわけでもないんです。いずれにせよお湯が沸かせるようにしておいたほうがいいですよ。

 

原田あやめ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る