);

ブログ

面会が続く・自信の持てる日々

ダブル製版が明けましたが間髪入れずに次の案件が矢継ぎ早に入っており、ありがたい限りです。今週は次々と打ち合わせしたり、人に会ったり次の仕事のスケジュールを組んだりしています。

午後は、たまきたをお渡しに行って、子どもの学校の引き渡し訓練に行って、東大和市の公民館サークル「おとなの社会科」主催講座「アメリカなう」へ少しお邪魔しました。

(追記:おとなの社会科さんが、ブログで本講座の記録に原田のことも含めて書いてくださっていました

 

カリフォルニア州立大学のロン・ダビッドソン教授の講義。

ロン教授の講義は、アメリカの街の姿の変遷について。1600年ごろから現代まで、どのように街、建物、道路や交通が変わっていったか。とても興味深かったです。

英語で話されるので、大人の社会科の役員の方が通訳されていました。昔本職だったのかな?と思うほど、通訳、お上手でした。

 

講義が終わり、ご挨拶に。とてもフレンドリーで楽しい方でした。あと1週間ほど東大和にいらして、そのあとポーランドに行かれるそうです。

いつもお世話になっている役員の塚崎さんが、ロン教授と一緒に写真を撮ろうとすすめてくださいました。

たまきた を持っていただきました。

名刺に英語表記を入れていなかった…これは反省です。そろそろ名刺が切れるので、入れないと。たまきたもジャパニーズオンリー。なんとなくは説明しましたが、やっぱり英語での紹介くらいは、ウェブに入れておきたいですね。

すぐに、次の企画の打ち合わせへ。ちょっといろいろ懸念があったのですが、こちらもいい形に収まりそうです。これは結構面白いですよ。もうすぐオープン。

 

戻って、お見積もり作り。コーパス関連の依頼が来ています。クリエーティブな言葉の仕事だけではなく、言語研究にも対応しています。

 

趣味になりつつある車関係の執筆もあったりして、学んで、手に入れるものもあって、仕事がものすごく充実していて、楽しいです。作りたいと願ったものを作り上げる、喜んでいただく、それによって収入を得る、欲しいものを手に入れる、さらにいい仕事ができる、もっと企画してもっと作る。

 

何でもできちゃっていいね、みたいなことを言われることもありますけど、大変なこともいっぱいありますし私はできないことがものすごく多いですよ。

そういう自分であっても、自信を持てるようになってきたと思います。私にとっては、自分に自信を持つことはとても難しいことだった。

それができるようになってきたことはすごい進化だし、楽しいことを楽しい、温かいことを温かい、嫌なことは嫌だと、その場で感じられるようになっている。これも、できなかったことでした。

 

皆さんの役に立つように頑張りつつ、自分のことも大事にしつつ、いい仕事、面白いこと、たくさんしていきたいと思います。

 

原田あやめ

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る