ブログ

震災の時に命がけで助けてくれるのは誰ね?

大切にするべき人が誰なのか、分からなくなる時がないでしょうか。

自分を真に大事にしてくれる人、

自分を都合よく利用するためにすり寄ってきている人。

普段の行動を見ていれば、誰がどっちなのかは分かると思うのですが、何かに追い込まれていて、その判断ができなくなる時があります。

はるか昔、そんなことがあって、母に電話で相談した時に、言われたこと。

「震災の時に、あんたを命がけで助けてくれる人は誰ね?」

自分を都合よく利用するためにすり寄ってくる人のことを、頭のどこかでは気がついている。その質問を突きつけられると、そういう人の顔は頭に浮かばない。

最近地震が多くて、東日本大震災や熊本地震のことが瞬時に頭をよぎりますが。

同時にこのことも、思い出すのです。

「震災の時に、あんたを命がけで助けてくれる人は誰ね?」

その時頭に浮かぶ人のことを、普段から大事にすべきです。

当たり前のようで、気づかないことが結構多い。

利用するために愛想よくする人を誤って大事にしてしまうと、搾取され続けて自分が潰れてしまいます。

大事にしてくれる人を、大事にできることが、幸せなことなんだよね、と、地震を心配しつつ考えています。

原田あやめ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る