たまきた

  1. 信用できて楽しい会社

    なんとも能天気なタイトルですが。今日は「信用できるかどうかを特急で審査される」ということがありました。可か不可かという連絡を待っていて、昨日の今日で結果が来たのですが「OK」ですと。私の会社で私だけで信用してもらえるってね、嬉しいです。

  2. 10年、10年

    10年ほど前に関わりのあった、いずれも10歳ほど私より年上の女性2人と、巡り巡って関わるということがありました。10年前の印象は、どちらもすごい人だとは思っていたけれど、正直あまりうまくお付き合いできなかった。近寄り難かったのですね。

  3. 朱入れパフォーマンス

    東大和市社会福祉協議会さんで、「伝わる! チラシ・広報紙の作り方」という講座の講師でお招き、今日終了しました。

  4. 東日本大震災とショーン先生(眞蔵先生)

    今日で東日本大震災が発生した日から8年です。死者1万5,897人、2,500人以上の方がいまだ行方不明。5万2,000人以上が避難中ということで、災害はまだ続いていると実感させられます。

  5. 立て続けに校了・デザイナーさんとクラウドとAIありがとう。

    下版という言い方が好きだと以前お話ししましたが、版のないものもあったのでタイトル。昨日4P下版、今日WEBコラム一式納品と、40Pの下版。『たまきたPAPER』は先月校了したばかりですので、ずっと原稿確認と校正をしている感じです。

  6. Give and Give and Give and Take

    …というのを、友人に言われたり、本で読んだりしました。会社なので、利益は追求しなければ継続できないし社会貢献にもならないということで基本的に利益が出ることをやらなければならないわけで、そうは言ってもなという気持ちがいくらかはありつつ、頷いておりました。

  7. 「原稿制作が最終校正まで終わること」の言い方4つ

    この業界では「原稿が仕上がって印刷屋さんに渡す段階になること」には言い方がいろいろあって、校了 最終校正まで完了する下版 印刷屋さんに原稿を下ろす入稿 印刷屋さんに原稿を入れる製版 版を製作する編集者の手から最終原稿が離...

  8. ケチャップが見えない病気

    急遽の取材や打ち合わせで元気一杯、右往左往。今回の『たまきたPAPER』には、小誌では珍しく飲食店広告が出ます。お打ち合わせで「これは面白いですね」とお話。広告も面白い。お楽しみに。『たまきたPAPER』のような媒体を、求めてくださる方がすごく増えてきたと思います。それはまた、今度。

ページ上部へ戻る