ライター

  1. 仕事で貢献します・熊本へ仕事を送る

    昨日母から「水前寺公園に来ていて、気持ちいい」と電話がありました。話していると「あー!」と言うので何事かと思いきや、「人間がエサを投げたら魚が集まってくるのを見て学んで、ものを投げて魚を集めて狩りをする鳥が有名なんだけど、それを今目の前でやっている」と喜んでいる。

  2. 面会が続く・自信の持てる日々

    ダブル製版が明けましたが間髪入れずに次の案件が矢継ぎ早に入っており、ありがたい限りです。今週は次々と打ち合わせしたり、人に会ったり次の仕事のスケジュールを組んだりしています。

  3. 廃れるものには廃れる理由がある

    民俗学に関心があったときがあり、沖縄県久高島の「イザイホー」について調べていました。久高島では女性が30歳を過ぎると、70歳まで神女として生き、いろいろな祭祀を司ります。神女になるための儀式がイザイホーで、儀式だけでも5日かかる大掛かりなものなんですね。

  4. デザイナーは褒めてもらえる

    今朝、『Minna』を下版しました。そして夜、『たまきた』の下版、のつもりで下が、あと1日寝かせることにしました。あんまり焦ると校正に抜けが出そうなので。しかし赤ペン緑ペンは持ち飽きましたね。本来自分が作ったものは自分で校正しないほうがよくて、だいたい校正さんを呼んでいたのですが。

  5. 編集に専念するためスタッフ募集

    おかげさまで、常にページ物の締切を複数抱えている状態になり感謝申し上げます。若いときからどこかで編集者というものにあこがれつつ、テキストの専門だし無理かななどと思っていましたが、なんともがっちり編集者になりましたね。

  6. 令和最初のあやめ日報

    昨夜は本を読みながら、平成から令和への境を越えました。今日も『Minna』の地図づくり。見開き1面、結構大きく取ったつもりですがみんなの入れたいこと全部は入れられない。今頃手をつけていることにかなり焦りつつ、ここはじっくり考えたいと思います。もうハナミズキ。

  7. チャレンジがつながりを生み

    今日は午後、ある方が弊社にいらっしゃいました。弊社で作っている制作物に関連のある方で、すぐ近くにお住まいとのこと。数々の大きな実績をお持ちの企業さんですが、事業の話でも通ずるところがあり、私の思いやプランなどをたくさん聞いていただき、またいろいろなことを教えていただきました。

  8. 技術こそ平等である(1)

    能力、と言い換えてもいいです。男女平等、ノーマライゼーション、障害者も暮らしやすい社会。それはみんな、それぞれが持つ能力に気づき、「このことならあの人を呼べばいい」と言われるような技術を身に付けることで実現すると思うのです。

  9. 立て続けに校了・デザイナーさんとクラウドとAIありがとう。

    下版という言い方が好きだと以前お話ししましたが、版のないものもあったのでタイトル。昨日4P下版、今日WEBコラム一式納品と、40Pの下版。『たまきたPAPER』は先月校了したばかりですので、ずっと原稿確認と校正をしている感じです。

  10. なりたいと思えば、だいたいのものはなれる

    編集やライティング、デザインというあたりで講師に呼んでいただくことが増えましたが、先日も企業の方に、「言葉の表現に関する講座ができませんか」とお話をいただきました。読み手の立場になって書く、話す、発信するというのは、簡単なようで意外とできないことなんですよね。

ページ上部へ戻る