);

地域情報誌

  1. タンポポとMinnaの編集後記

    撮影の帰りにオフィス近くの小道を歩いていたら、シェットランドシープドッグ を連れた女性がいて、その犬に「ちょっと待っててね」と言って脇の植え込みに入って行きました。その間、わんこが一人になった隙になでていて、飼い主が「すみません」と戻ってきました。

  2. たまきたとMinnaのお花見

    今日は、『たまきたPAPER』と『Minna 東大和市みんなで子育てBOOK』の合同お花見。朝8時半から、弊社のはすむかいの都立東大和南公園、旧日立航空機変電所跡前のシダレザクラの下に座ってみんなを待っておりました。原稿を書きつつ、通りすがりの人と桜の話をしつつ。

  3. 信用できて楽しい会社

    なんとも能天気なタイトルですが。今日は「信用できるかどうかを特急で審査される」ということがありました。可か不可かという連絡を待っていて、昨日の今日で結果が来たのですが「OK」ですと。私の会社で私だけで信用してもらえるってね、嬉しいです。

  4. 10年、10年

    10年ほど前に関わりのあった、いずれも10歳ほど私より年上の女性2人と、巡り巡って関わるということがありました。10年前の印象は、どちらもすごい人だとは思っていたけれど、正直あまりうまくお付き合いできなかった。近寄り難かったのですね。

  5. 壁を取り払う「言葉・表現・技術」

    『たまきたPAPER』という地域情報誌に、東大和市の『みんなで子育てBOOK』に、その他自治体の情報誌に、業界特化のWEBコラム執筆。昨日は社会福祉協議会さんの研修。今日は助産院にも行って想いを聞いてきました。

  6. 東日本大震災とショーン先生(眞蔵先生)

    今日で東日本大震災が発生した日から8年です。死者1万5,897人、2,500人以上の方がいまだ行方不明。5万2,000人以上が避難中ということで、災害はまだ続いていると実感させられます。

  7. Give and Give and Give and Take

    …というのを、友人に言われたり、本で読んだりしました。会社なので、利益は追求しなければ継続できないし社会貢献にもならないということで基本的に利益が出ることをやらなければならないわけで、そうは言ってもなという気持ちがいくらかはありつつ、頷いておりました。

  8. なりたいと思えば、だいたいのものはなれる

    編集やライティング、デザインというあたりで講師に呼んでいただくことが増えましたが、先日も企業の方に、「言葉の表現に関する講座ができませんか」とお話をいただきました。読み手の立場になって書く、話す、発信するというのは、簡単なようで意外とできないことなんですよね。

  9. いいものを知ってもらうチャレンジ/正直者が報われた話

    一人ひとりの要望を聞き、丁寧な仕事をして、それを欲する人に知ってもらおうとしている皆さんに、今日はたくさん会えました。

ページ上部へ戻る