編集者

  1. 大人しく編集していてほしい

    …自分に。今日は、夕涼みウォーキングツアーの準備だったり、たまきたMarketの締切だったりしつつ、いろいろな見積や打診もあって、おおわらわです。経営と編集だけで十分忙しいので、それだけやっていればいいんですよ私は。たまきた秋号、全然できてないし。

  2. なりたいと思えば、だいたいのものはなれる

    編集やライティング、デザインというあたりで講師に呼んでいただくことが増えましたが、先日も企業の方に、「言葉の表現に関する講座ができませんか」とお話をいただきました。読み手の立場になって書く、話す、発信するというのは、簡単なようで意外とできないことなんですよね。

  3. 働き社長は幸せ

    昨日、昔出入りしていた編集者の社長の話をしましたけれども。その社長が言っていた言葉でもう一つ印象に残っていることがあります。それが「働き社長」経営に専念するのではなくご自身も編集執筆をしていたので、そういうことを働き社長と言っていました。

オンライン公開中の制作物

  1. 東大和市みんなで子育てBOOK『Minna』B5/24P
  2. 昭島市『夢つなぎ人』パンフレット A4/4P
  3. 『たまきたPAPER』2019-2020秋号(A4/12P/中綴)
  4. 「あきしまの水」のライフスタイル誌 『夢つなぎ人』(第4版) B6版/40P
  5. 東大和市商工会工業部会『インターンシップ参加者募集』リーフレット(第4回) A4版/4P
  6. たまきたPAPER19秋号
ページ上部へ戻る